HARIOネットショップでは安心の基本素材「耐熱ガラス」を使用した、耐熱ガラス製の急須や「コーヒー器具」などをご紹介します。

HOME > コーヒー > 水の選び方

コーヒーは非常に繊細。コーヒーに適した水の成分、器具に適した水の温度があります。

コーヒー本来の味と香りは、いい水でのみ引き出せる。

コーヒー豆の成分は、水やお湯によって引き出されます。
その水がコーヒーに適していなかったり、臭いがあったりでは、 おいしいコーヒーは淹れられません。
また、コーヒー器具の特性によって、抽出時の適温が異なります。 ほんの少し水にこだわってみるだけで、 きっと、今まで以上のおいしいコーヒーに出合えるはずです。
SCAJ認定コーヒーマイスター
Ryohei日本スペシャリティコーヒー協会認定コーヒーマイスター。日本全国各地のほか、アメリカや台湾・香港・タイなどでも日本のコーヒー器具の普及に努めている。ハリオコーヒーマイスター集団“チームバリスタ”の一人として活躍中。

おいしく淹れる水の条件

日本では水道水でもおいしいコーヒーを淹れられます。しかし、もっとこだわって極上の一杯を求めるのであれば、お水は大変重要です。 コーヒーのための水は、鉄やマンガンなどの含有量が少ないものがよいでしょう。特に鉄分は、コーヒーのタンニンと結びついて風味を損なってしまうのでご注意を。また「軟水か硬水か」とう質問をよく受けますが、レギュラーコーヒーには軟水、エスプレッソには硬水がおすすめです。
*軟水で淹れるコーヒー*
【味の特徴】
コーヒー本来の味を素直に引き出せ、より酸味が引き立ちます。 まろやかな口当たり。
【コーヒーとの相性】
レギュラーコーヒー向き
*硬水で淹れるコーヒ*
【味の特徴】
より苦みが際立ち、コーヒー本来の味わいよりもパンチのある仕上がりに。
【コーヒーとの相性】
エスプレッソ向き

水道水で淹れるポイント

水道水を使う場合には、ちょっとしたポイントがあります。都心の水がおいしくないと言われるのは、主に消毒用のカルキ臭。 水道管の鉄分などもおいしさを損なう原因になります。下記のことに気を配るだけでも、それらの原因を取り除けますので、 ぜひやってみてください。
 ■汲みたての水道水から湧かす。
・二酸化炭素がいくらか残っている状態がコーヒーに適しています。
汲み置きの水、瞬間湯沸かし器や二度沸かし、長時間沸かしたお湯は、二酸化炭素が蒸発しているので適しません。
・水道水に含まれる塩素は煮沸で消えます。完全にとはいきませんが、臭いが気にならなくなるでしょう。
 ■朝、最初に蛇口から出る水は使わない
・前日から蛇口に溜まっていた水は使わず、しばらく流してから使用します。

コーヒーを淹れる温度

おいしいコーヒーを淹れるには、抽出時のお湯の温度も重要です。温度が高いほど酸味が強くなり、苦みが弱くなる傾向があります。 使用するコーヒー器具によっても適温が異なりますので、下の図を参考にしてみてください。
抽出するときの温度の目安(ホット)




HARIO オリジナルスペシャルティコーヒー

焙煎したてをお届け、スペシャルティコーヒー
HARIO ネットショップでは毎月焙煎したてのスペシャルティコーヒーを販売しています。
力強い独特の味わいとすっきりとした酸味の「ゴールデン・マンデリン」と、豊かな花のような香りに上品な甘さと後味のよい酸味「ケニアAA・ムシャガラ」の2 種類をご用意しております。