HARIOネットショップでは安心の基本素材「耐熱ガラス」を使用した、耐熱ガラス製の急須や「コーヒー器具」などをご紹介します。

HOME > コーヒー > 豆の保存方法

豆のおいしさをきちんと保存して、おいしいコーヒーを淹れましょう。

豆の保存方法
焙煎豆はとてもデリケート。風味を生かせるかは保存次第。

淹れ方次第でコーヒーの味が大いに変わることは、みなさんご存知でしょう。
しかし、その前にコーヒー豆そのものが劣化していては、おいしいコーヒーにはなりません。
まず焙煎したての豆を手に入れること。そして保存に注意することが大切です。
コーヒー豆は非常にデリケートで、酸素・湿度・温度・光の影響による劣化が避けられません。 なるべく空気にふれないように専用容器に入れ、冷暗所で保存を。
豆の香りや風味をどれだけ長く保てるかは、保存の仕方にかかっています。
SCAJ認定コーヒーマイスター
Ryohei日本スペシャリティコーヒー協会認定コーヒーマイスター。日本全国各地のほか、アメリカや台湾・香港・タイなどでも日本のコーヒー器具の普及に努めている。ハリオコーヒーマイスター集団“チームバリスタ”の一人として活躍中。

豆を保存するポイント

1.容器に入れる。
2.高温・多湿・直射日光を避ける。
3.挽いた粉なら涼しい場所で。豆なら冷凍もOK。
●コーヒー豆は涼しい場所か冷蔵庫で保存を。挽く前の豆なら1ヵ月くらい、挽いた粉なら2週間くらいで使いきりましょう。
●挽く前の豆であれば、ジップ付きの密封袋などに入れて、半年くらいの冷凍保存も可能。ただし、挽いた粉の冷凍保存にはご注意を。室温に戻したときに温度差で結露が生じてしまい、吸湿して味が落ちてしまいます。

HARIO オリジナルスペシャルティコーヒー

焙煎したてをお届け、スペシャルティコーヒー
HARIO ネットショップでは毎月焙煎したてのスペシャルティコーヒーを販売しています。
力強い独特の味わいとすっきりとした酸味の「ゴールデン・マンデリン」と、豊かな花のような香りに上品な甘さと後味のよい酸味「ケニアAA・ムシャガラ」の2 種類をご用意しております。