HOME > コーヒー > コーヒーの歴史

その味わい、その効力。昔も今も私たちを魅了する、おいしいコーヒーの歴史。

コーヒーの歴史

門外不出の秘薬!? コーヒーがコーヒーになるまでの物語。

今では世界中の人々に愛されているコーヒー。アラビアで発見され、こうして世界に広がるまでには、そのおいしさと不思議な力ゆえに、様々な事件がひき起こされてきました。コーヒーの歴史を知りコーヒーを飲んだなら、ふと、香りとともに、いにしえのシーンが目の前に浮かんでくるかもしれません。

コーヒー歴史年表

13世紀

*コーヒーの実発見*

コーヒーの原料であるコーヒーの実。この実の発見からコーヒーの歴史ははじまります。
発見には2つの代表的な伝説があります。

【発見伝説1 僧侶オマール説】

13世紀のアラビア、イエメンでの伝説です。イスラムの僧・オマールは、ある日、領主の誤解によって町を追われ、オーザブ山に追放されてしまいました。食べる物もなく飢えていたところに、一羽の鳥が赤い木の実をついばんでいるのを目にします。彼は、迷わずその赤い実を口にします。すると不思議なことに飢えと疲労が消え、気分が爽快になったのでした。一方、領主の町では病気が猛威をふるい、人々を苦しめておりました。そこでオマールは、この赤い実の煮汁を皆に与え、病から人々と町を救ったのでした。この町こそ、豆の名前として有名な「モカ」の町です。

【発見伝説2 ヤギ飼いカルディ説】

エチオピアの高原に住むヤギ飼い、カルディ少年の伝説です。ある日、カルディ少年は、ヤギたちが夜になっても元気に飛び回っていることに気づきました。不思議に思い観察をしていると、ヤギたちが赤い実を食べております。
そこで、自分でも口にしてみると、驚くことに気持ちがすっきりとして活力がわいてきたのです。
このことをカルディ少年から聞いたイスラムの修道僧は、夜の長い祈りの際、睡魔に打ち勝つ“秘薬”として赤い実を使うようになったのでした。

*イスラムの僧たちの間で“秘薬”に*

厳しい修行の疲れをとり、儀式中の睡魔に打ち勝つ秘薬として、コーヒーは寺院の中で独占され、門外不出の貴重な存在に。この頃はまだ、コーヒーの赤い実をそのまま食べたり、煮出して口にしていました。

15世紀

*アラビア圏の民衆に広がる*

イスラムの僧が秘薬としていた赤い実は、次第にアラビア圏の民衆に広がっていきました。

*焙煎の手法、発見*

どのように発見されたかは定かではありませんが、15世紀中頃、焦げた豆からの素晴らしい香りに気づき、焙煎がはじまりました。焙煎が行われるようになると、豆を細かく砕いたものを一緒に火にかけて煮出すトルコ式の飲み方が誕生しました。

16世紀

*アラビア圏に、コーヒーハウス誕生*

16世紀のアラビア圏では、コーヒーの文化が民衆にすっかり広まり、各地にコーヒーハウスが誕生します。
世界初のコーヒーハウスは、1554年にイスタンブールに開店した「カーヴェハーネ」と言われています。

17世紀

*ヨーロッパにも、コーヒーハウス誕生*

ベネチアにヨーロッパ初のコーヒーハウスが開店したのを皮切りに、17世紀にはヨーロッパにも次々とコーヒーハウスが開店しました。ロンドンのコーヒーハウスは知識人の社交場でもありました。

*日本に、コーヒーが伝わる*

日本では江戸時代に、オランダ人が長崎の出島にコーヒーを持ち込んだのがはじまりと言われています。当時、出島のオランダ館に出入りしていた役人や通訳など、限られた日本人だけが口にできたようです。

19世紀

*日本にも、ついにカフェが誕生*

日本初のカフェは、1888年(明治21年)、東京・上野に開店した「可否茶館」だと言われています。

コーヒーをめぐる事件

「コーヒー禁止令」に国王も憤慨

1511年、当時エジプトの支配下にあったイスラエル・メッカで起きた事件です。メッカのカイル・ベイ総督は、コーヒーを飲んでうかれている人々を見て、コーヒーは人を堕落させる飲み物だとし、「コーヒー禁止令」を発令しました。ところが、当時メッカを支配していたエジプト国王は、大のコーヒー好き。国王はこの知らせを聞いて憤慨し、すぐさま禁止令を撤回したのでした。

フレデリック大王、市民の焙煎を禁止

1777年、ドイツのフレデリック大王は、自分がコーヒー好きであるにも関わらず「コーヒー禁止令」を布告します。これは、コーヒーの消費増加が通貨の海外流出につながり、自国経済の悪化を招いていたためです。それでもコーヒー愛好者が減らないため、1781年には、特権階級にのみ焙煎を許し、一般市民の焙煎を禁じます。家で焙煎する市民を摘発する監視官は、市民から「コーヒー嗅ぎ」と呼ばれ反感を買っていたそうです。

ローマ法王が、コーヒーに洗礼

16世紀末〜17世紀初頭、ローマでのこと。イスラム教徒の飲み物として長い歴史をもつコーヒーは、「悪魔の飲み物である」という議論が過熱します。しかし、コーヒーのおいしさに魅了された教皇クレメンス8世は、コーヒーに洗礼を施すことで、キリスト教徒でも堂々とコーヒーを飲めるようにしました。

参考文献:コーヒータイムブック/青山出版社刊

HARIO オリジナルスペシャルティコーヒー
焙煎したてをお届け、スペシャルティコーヒー
HARIO ネットショップでは毎月焙煎したてのスペシャルティコーヒーを販売しています。
力強い独特の味わいとすっきりとした酸味の「ゴールデン・マンデリン」と、豊かな花のような香りに上品な甘さと後味のよい酸味
「ケニアAA・ムシャガラ」の2 種類をご用意しております。
ページTOPへ